2-6. 2030年までのシナリオ