分科会

第7回「医療・ヘルスケア分科会」開催概要

日時

2018年2月20日(火) 14:30~18:00(14:30~15:00は交流の時間となります)
※終了後に交流会を開催(18:30~20:30、場所は別途ご連絡します)

会場

中野サンプラザ(〒164-8512 東京都中野区中野4丁目1-1)

対象

「医療・ヘルスケア分野」で新ビジネスを検討されている方

次世代医療・自由診療、ゲノム関連(コンピューティングや周辺機器、サービスなど)、予防医療・ヘルスケア関連(食品やサービスなど)、リハビリ・介護関連(ロボット、サービスなど)……

※本分科会は、『未来予測2015-2030 レポート&デジタルサービス』および『未来予測2018-2030 レポート&デジタルサービス』の購入有無にかかわらずお申し込みいただけます。

内容

1)「未来予測コミュニティ」医療・ヘルスケア分科会について

2)「未来予測Update」 ~ 医療・ヘルスケア分野における注目すべきトピックス

3) 未来予測のシナリオに沿ったベンチャー/シーズ紹介

4) ディスカッション ~ こんなテーマに注目している こんなビジネスをやりたい!

参加費

12,960円(導入企業の方)
16,200円(一般)

※いずれも消費税、交流会費込み
※銀行振込による事前お支払い

【振込先】 みずほ銀行 中野北口支店 普通 8040521 カ)アクアビット(株式会社アクアビット)


※「未来予測2015-2030」および「未来予測2018-2030」のご購入有無によって参加費が異なります
お振り込みの際は、金額のお間違いのないようご留意いただきますようお願いいたします

申し込み方法

事前登録フォームへのご登録

備考

未来予測コミュニティおよび分科会の概要はこちらをご覧ください

ゲスト講演

第7回「医療・ヘルスケア分科会」では、ゲストをお招きしてお話しをしていただく予定です:

  • 孤独をなくし、こころがつながる
    株式会社こころみ 代表取締役社長 神山 晃男氏
  • 生きかたを、食べものでつくる
    株式会社たべかた 代表取締役 板橋 里麻氏
「未来予測コミュニティ」について
  • これは新しいビジネスを具体化するための「場」です。ユニークなアイデア、テクノロジー、人脈、ニーズ、資金など、具体的なビジネスの“ネタ”を持つ「ビジネスマン」「イントレプレナー」の参加を歓迎します。年齢、性別、役職などは問いません。
  • “異業種交流会”や“勉強会”ではありません。単に情報を得たい、名刺交換をしたいという方はお申し込みをご遠慮ください。特に「会社に言われたので来ました」という方は、残念な結果になると思いますので再検討されることをお勧めします。ベンチャースピリットに溢れる方の参加をお待ちしております。
  • 本コミュニティへの参加は「未来予測2015-2030」の導入企業であることが条件です。コミュニティでは「未来予測レポート」を“共通プロトコル”と位置づけています。会の運営は、参加者が「未来予測レポート」の基本的な内容を理解していることを前提に進められます。予めご承知おきください。
  • 「交流会」には極力ご参加ください。継続的に顔を合わせること、「Face to Faceのコミュニケーション」を重視しています。ビジネスをプロデュースする鍵は「生きた情報」であり、それは信頼のある人のつながり(人脈)からもたらされるものだからです。同じ価値観を持つ「仲間」を社外に創ることができる。そこに「未来予測コミュニティ」の最も大きな価値があります。
  • コミュニティでは、「未来予測」のシナリオに沿う「シーズ」や「ベンチャー企業」などを継続的に紹介します。参加者から「他社と一緒にこんなことをやりたい!」と気軽に呼びかけられる場も用意。これらによって企業間のコラボや投資を加速させ、新たな事業価値を創造することを目指します。積極的なご発言・ご登壇をお待ちしています。
「未来予測コミュニティ」分科会について
  • 「未来予測レポート」は全ての産業を対象としており、「未来予測コミュニティ」ミーティングには様々な業界の方が参加されます。そこで、対象分野を限定する「分科会」も開催します。分科会では、その分野に精通した“濃い”メンバーが集まることで、より深い議論を交わし、成果への明確な道筋をつけることを目指します。
  • 分科会には『未来予測2015-2030 レポート&デジタルサービス』および『未来予測2018-2030 レポート&デジタルサービス』を購入されていない企業の方もご参加いただけます。
  • ただし、分科会においても「未来予測レポート」を“共通プロトコル”と位置づけます。「未来予測レポート」が提示する将来像を理解しているのを前提に議論が進む部分が必然的に生じますことを、あらかじめご承知おきください。

田中 栄より 2018年2月5日

2/20(火) 未来予測コミュニティ「医療ヘルスケア分科会」のお知らせです。
「分科会」はより絞ったテーマ、より少人数で、深い議論をしようという趣旨です。毎回始まる前から盛り上がっています(笑)。今回で7回目。

今回のゲストはスタートアップ2社。
高齢者向けサービスと、(どちらかといえば)若い人向けサービスです。

一つは「株式会社たべかた」。http://www.delifas.com/
「デリファス=おいしく食べるファスティング」をテーマに、管理栄養士が食材の厳選から調理までおこなった特別なメニューをご自宅へデリバリー。丁寧な食事コーチングも行いながらダイエットをサポート。
「ファスティング」の意味は「断食」。 近年は健康増進や美容、エイジングケアの効果が注目され脚光を浴び、科学的な研究も盛んに行われています。でもファスティング食って、普通は不味くて苦しんですよね…。でもそれを美味しく食べさせる!
オフィスへの食事デリバリー「大人の給食」というのもやっています。料理研究家でもある管理栄養士さんが考えたメニューを健康管理とセットで提供するサービスです。
その他、ママ向けの離乳食デリバリーやアドバイス、コワーキングスペースでスムージーのジューススタンドなど、食と健康分野で新ビジネスに精力的に取り組んでいるスタートアップです。
事前打ち合わせしていたら、早速別な話題から新ビジネスの具体的取り組みが一つできちゃった(笑)。代表の板橋さん、ベンチャーらしく話が早い。

もう1社は「株式会社こころみ」。http://cocolomi.net/
一人暮らし高齢者向け会話型見守りサービス「つながりプラス」を展開しています。担当者が毎週定期的に電話し、その内容をご家族にメールでレポートするサービスです。
私も実家に一人暮らしの親がいるので実感しますが…親のことはすごく気になる。でも、こまめに電話するのはなかなか難しい。生活のサイクルが合わないし、用事も無いのに電話するのはなかなか難しい。それに幾つになっても「親」。ひたすら「心配」と「小言」を聞かされるだけですしね..。(笑)
代表の神山さんは投資ファンド出身。自身のご両親が会社設立のきっかけになっているそうです。
人生最大の不幸は「孤独」。こういう見守りサービス、もっと広がるといいなぁ…と思います。

通常の未来予測コミュニティとは異なり、「分科会」は誰でも参加できます。中野サンプラザでお会いしましょう!


「たべかた」「こころみ」平仮名4文字は偶然ですが、今回は優しさ・柔らかさが共通している気がする。商売、商売より、まず社会に役立つことを…。お楽しみに!