分科会(名古屋)

第0回「自動車・エネルギー分科会」(2017年11月2日)

名古屋:「未来予測」特別講演
「自動車・エネルギー分科会」プレセミナー

本講演では、2017年6月発刊『未来予測2018-2030レポート&デジタルサービス』より、主要なトピックスや特に注目すべき事柄を筆者の田中 栄が解説します。
また、名古屋にて定期開催を予定している「自動車・エネルギー分科会」について、概要をお伝えします。
田中 栄より
未来予測コミュニティは、「新しいビジネスを具現化する」ことを目的に中野サンプラザ(東京・中野区)で年4回開催しています。
定期開催を予定している「自動車・エネルギー分科会」の趣旨は、「名古屋に集まれ!、自動車の未来を一緒に創りましょう」というものです。「エネルギー」を併せて考えるのは、もちろんEV(電気自動車)や水FCV(水素・燃料電池自動車)などを意識したものであり、業界のベクトルを広げようという意図があります。
自動車メーカーだけではなく、自動車・エネルギーにかかわる皆さまに、業界・業種を超えてご参加いただきたいと考えています。
今回は「自動車・エネルギー分科会」の開催に先立ち、“プレ”セミナーを開催します。
「未来予測」について深くお話しするとともに、名古屋での分科会の立ち上げについて説明させていただきます。
自動車産業の未来、ひいては日本の未来につながる活動になると思います。ぜひご参加ください。お待ちしております。

※未来予測コミュニティ(中野)は、『未来予測2015-2030 / 2018-2030 レポート&デジタルサービス』を導入いただいたお客様のみご参加いただけます。
※本催事ならびに自動車・エネルギー分科会(名古屋)は、どなたでもご参加いただけます。
日時
2017年11月2日(木)13:30開演(13:00開場)、19:00終了(予定)
タイムテーブル
13:00 開場
13:30 ・3つのメガトレンド
・マクロ環境変化のポイント(世界・国内)
・クラウドロニクスサービス産業
・トリプルベロシティ(商流・物流・金流の変化)
・これからの経営戦略・ビジネスモデル
17:00 「自動車・エネルギー分科会」について
Q&A
18:00 交流会
19:00(予定) 終了
会場
大名古屋ビルヂング26階 KPMGあずさ名古屋事務所 [地図] 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号
参加費
10,800円(消費税込み)

参加費のお支払い
原則として11月1日(水)までの事前払い(銀行振込)
※お申し込み後、「請求書」と「受講票」をお届けいたします
※事後払いをご希望の方は、登録フォームの「希望される支払期限」欄にもご入力ください
お申し込み
受付を終了しました
お問い合わせ
briefing_nagoya@aquabit.co.jp 宛に電子メールでご連絡ください。

田中 栄より 2017年10月23日 17:53

2018年から、「自動車・エネルギー」に特化した未来予測コミュニティの分科会を開催することに決めました。4か月に1回(年3回)、【名古屋】で定期開催です。

「未来予測コミュニティ」は、「新しいビジネスを具現化する」ことを目的とするものです。昨年名古屋でも定期開催していた、勉強を目的とする”ブリーフィング”とは異なります。「未来予測コミュニティ」は新しいビジネスを「実践」するための会です。

この分科会は「名古屋で開催するが、主催はトヨタではない」「自動車だけではなく、エネルギーもセットで」というのが、重要なポイントです。
自動車は日本の基幹産業であり、日本の「モノづくり」の本丸です。それが変わるということは日本の産業における歴史的な変革です。そしてその震源地は名古屋になるでしょう。

私たち(アクアビット/協力: KPMGあずさ)が主催することで、トヨタ以外の自動車メーカーも集まって欲しい。日産自動車、ホンダ、マツダ、三菱自動車など、皆で一緒に自動車の未来を考えましょう、というのが私の想いです。

分科会のテーマに「エネルギー」を加えたのは、FCV(水素)やEV、さらには「クラウドロニクス」を意識したものであることは言うまでもありません。業界の裾野を広げて、一緒に考えましょうということ。
「分科会」は未来予測レポート未導入企業でも参加可能です。IT、エレクトロニクス、エネルギー、化学など、いろんな分野から自動車の未来をホンキで創りたい方、ご参加をお待ちしています。

■「自動車エネルギー分科会」-プレセミナーの開催
上記「自動車・エネルギー」分科会の開催に先立ち、11月2日(木)に名古屋で「プレセミナー」を開催したいと思います。
約3時間、自動車・エネルギー分野を中心に未来予測の概要をお話をさせて頂きます。先日の”全豊田”講演では足りないという方、聞き逃したという方、これを聞いて頂けると「未来予測レポート」の概要をご理解いただけると思います。
併せて、来年からスタートする「自動車・エネルギー」分科会についてご説明させて頂くと共に、そこに込めた私の想いをお話させて頂きたいと思います。講演・説明会の後は、交流会も予定しています。

業界の枠組みを超えて、共に「自動車の未来」を考えるという趣旨に賛同して頂ける方、お集まり頂けると嬉しいです。年齢・性別・役職・業界は問いません。必要なのは「本気」の想いだけです。ご多忙の中とは思いますがご参加をお待ちしています。


どこまでやれるか、本当にやれるのか? 正直怖さはある。でもそれ以上にワクワクする。やれるところまでやってみたい。
 
名古屋でトヨタを差し置いて、自動車の会を主催するなど、官公庁以外、普通は無理だと思います。(- -) 

でも私はできるんです。
私、自動車業界じゃないから。どこの系列にも属していない。なのに、自動車業界の人達を集められる。ITエレもエネルギーも集められる。自分自身はちっぽけだけど、大きい組織(KPMG)も動かせる。不思議な存在。

たぶん日本でできるの私だけだと思います。
たからやる。ほとんど使命感です。
日本の未来のために。皆さま、ご協力をお願いします。