特別セミナー

未来予測特別セミナー「働き方改革」@京都(2018年7月6日開催終了)

日時

2018年7月6日(金)14:00~18:30(13:30開場)交流会 19:00~20:30
15:00~19:00(14:30開場)交流会 19:30~21:00

会場

京都商工会議所(京都市中京区 烏丸通夷川上ル)

対象

どなたでもご参加いただけます

※本分科会は、『未来予測2015-2030 レポート&デジタルサービス』および『未来予測2018-2030 レポート&デジタルサービス』の購入有無にかかわらずお申し込みいただけます。

参加費

10,800円

※消費税、交流会費込み

申し込み方法

Peatix(ピーティックス)より電子チケットを入手 【受付を終了しました】

※Peatixの概要については次のWebページをご覧ください:
【初めてご利用される参加者様向け】ピーティックスのチケットについて

備考

前回の講演のグラフィックスレコードはこちらからご覧いただけます

協力

有限会社Ek
京都市下京区水銀屋町620 COCON烏丸4F シティラボ

お問い合わせ

未来予測特別セミナー@京都 事務局(briefing_kyoto@aquabit.co.jp)

田中 栄より 2018年4月26日

未来予測特別セミナー「働き方改革」を7月に【関西】でも開催します。
3月末に東京・大手町で開催した際には、facebook上の事前告知だけであっと言う間に満席になった、例のアレです…。

実際、参加者からは「もんのすごい衝撃を受けた」「ただただ驚いた」「とにかくすごい、の一言」「想像力の範囲外、3時間延々圧倒された」といった最上級の感想が寄せられています。

働き方改革は、「時短」でも「労働裁量制」でもない。社会やテクノロジーの変化によって、「働く」という概念から変わりつつある。そういう認識を抜きに、今国会で議論されているような「働き方改革」は救いようがないほど”的外れ”です。

働くとは「価値」を創ること。
「労働を時間で管理する」「PDCAを回す」。これからの時代、このような大量生産の頃の働き方のままではダメなんだ。このことに気づいて頂かないと、私たちと「未来」について議論さえ噛み合わなくなる。

このセミナーでは3月と同様、日本マイクロソフト・小柳津さんの話を中心に構成します。
マイクロソフトはこの5年位の間に”あらゆること”を変えました。…生き残るために。外資系だから、IT系だからできたのではない。そしてマイクロソフトは例外でもありません。

この機会に、1人でも多くの方に知って頂きたいと願っています。終了後、立食での交流の場も設けています。
では、京都でお会いしましょう!

田中 栄より 2018年6月29日

いよいよ来週金(7/6)に迫りました、未来予測特別セミナー「働き方改革」【京都】のリマインドです。

今国会では「働き方改革」関連法案が審議され、本日(6/29)にも可決・成立する見通しだそうです。
…でもこれ、世界の趨勢から全くずれています。(- -) 「時短」も「裁量労働制」(※無限労働)も、どちらも本筋と違う。

そもそも先進国のマトモな企業は、「時間」を単位に働いていない。イマドキ、PDCAなんて回していない。(- -)
変えるべきは「働き方(形式)」ではなく「仕事の中身」。それは「昭和」からの脱却、先進国モデルへの転換に他ならない。

マイクロソフトはこの5年で“あらゆること”を変えた。全ては「生き残るため」です。最近まで私も知らなかった。私の身近な仲間たちもこのことを知らなかった。慄然としました。

それを関西の方々にも知って欲しくて、このセミナーを企画しました。未来予測の「働き方改革」セミナー、関西ではこれが最初で最後になると思います。
このセミナーはお金と時間を使う価値があることを約束します。1人でも多くの方に「真の働き方」を知って頂くことを願っています。

田中 栄より 2018年7月7日

京都は数十年に1度クラスの豪雨。桂川は氾濫一歩手前。
そんな中、セミナーは1時間遅れでスタート。申し込みの半数は欠席、という異例の事態。
逆に言えば、豪雨をものともせず、半数も来ててくれたってことで…。ただただ感謝。

日本マイクロソフト・小柳津さんの「働き方改革」の話、私が聞くの今回で4回目だけど、毎回新たな発見がある。
これは「昭和からの脱却」であり、「先進国企業としての基本的な考え方」。そして「AIが当たり前になった後の働き方」でもある。

沢山の質問も頂き、活発な議論もできました。「苦労して来た甲斐があった」と言って頂いた方もいて、とても嬉しかった。

それにしても今回は「異例」づくめ。
新幹線、東京を出る時は定刻通りだったが、京都には結局2時間遅れ。そのためSNS上で話し合って、新幹線の中でスタート1h遅らせることに。SNSってホント便利だな。

京都に近づくにつれて、新幹線の乗客全員のスマホから[緊急通報]のミュージックが鳴りまくる。(笑) 地下鉄に乗り換えても、乗客全員から同じ音楽が…。(笑)

さらには、セミナーの真っ最中も自分のスマホを含めて、警報が何度も何度も流れる。…あれれ、マナーモード/音量ゼロにしたはずなのに。…と思ったら、iPhoneの場合、警報だけは別設定が必要だと判明。(- -)

そのため事務局が見かねてセミナーを一時中断、参加者皆で「設定オフ」タイムを設けたり。(笑)
セミナー中、警報は軽く10回以上は鳴ったかな。

普通ではないことが盛り沢山。大変ではあったけど、刺激的で面白い一日でした。