特別セミナー

未来予測シリーズの著者が語る「2020年からの日本」(2019年3月13日開催終了)

peatix_promo201903

10年、15年後の日本、世界がどのような姿・かたちをしているのか―― 。
当セミナーでは、企業の経営戦略において極めて重要な柱となる「これからの日本と世界の潮流」を、未来予測シリーズの著者である田中 栄が1時間あまりにわたり徹底的に解説します。
【お申し込みにあたってのお願い】

当セミナーは、聴講された皆様に「未来予測2018-2030 レポート&デジタルサービス」を知っていただくことを目的に開催いたします。
すでに導入されているお客様、未来予測ブリーフィングに参加された方は、まことに勝手ながら今回の講演にはお申し込みいただけません。何とぞご了承ください。

対象
  • 経営者、経営陣
  • 経営企画・新規事業開発部門の方

※いずれも、企業規模や分野は問いません

日時 2019年3月13日(水)16:00~18:00(開場 15:30)
会場 フクラシア八重洲(東京)E会議室

東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル(常和八重洲ビル)3階

●入り口についてのご案内(入り口が分かりづらくなっておりますのでご注意ください)

・JR「東京」駅 八重洲地下街 5番出口目の前
・JR「東京」駅 八重洲南口より徒歩3分
・東京メトロ銀座線「京橋」駅 7番出口より徒歩4分

参加費 3,000円(消費税込み)
参加費のお支払い方法
  • 現金:開催当日の受付窓口でお支払いください
  • 銀行振込:開催日前日までにご入金がない場合、当日の受付窓口にて現金でお支払いいただきます
  • クレジットカード:イベントアプリ「Peatix(ピーティックス)」にてお申し込みください(会員登録が必要です)
お申し込み
事前登録が必要です)

●現金・銀行振込でお支払いの方

受付を終了しました

●クレジットカードでお支払いの方

受付を終了しました

※セキュリティ設定などにより、Webフォームのご利用が困難なお客様は、briefing_tokyo@aquabit.co.jp まで電子メールにてご連絡ください

主催・お問い合わせ 株式会社アクアビット
住所:東京都中野区新井1-12-14 秀光建設本社ビル3F
電話:03-5318-1488
電子メール:briefing_tokyo@aquabit.co.jp
【田中 栄からのメッセージ】

3/13(水)に八重洲で「未来予測」の特別セミナーをやります。「未来予測」【未導入】企業が対象です。
「未来予測」とは何か? なぜ必要なのか? 具体的にどんな内容なのか?をお伝えするのが目的です。

うちの会社、小さいので営業部門がありません。広告宣伝もほとんどやってないです。
でも皆さまのご支援で、この4年弱で経済産業省、産総研をはじめ、「クラウドロニクス」で日本を代表する企業のほとんどに導入して頂くことができました。
ほとんどが口コミ。ありがたい限りです。

このことは、「未来予測」は30万円払ってでも買う価値がある、と少なくともコンピューティング分野の皆様からは認めて頂いた、と自負してます。
実際、この「未来予測」に基づいて、多くの企業が中長期戦略を立てていますし、ここから新しいビジネスが幾つも生まれています。

次は、ITエレクトロニクス以外の、もっと多くの企業に知ってほしいと思っています。
具体的には、自動車、エネルギー、広告・出版・放送、金融・銀行、医療、農業、小売・流通、農業・漁業、食品、建設、化学などです。

クラウドはコンピューティングの「革命」です。
世界のカタチ、社会制度、産業の枠組み、価値観、ライフスタイルなど、上から下まで一気に変わります。関係無い業界などありません。
これは私の“独りよがり”ではなく、ITエレクトロニクス分野の主要企業が認める「共通認識」なのです。

これからビジネスの「前提」や「ルール」が変わります。
このことを理解しないまま、新しいビジネスが創れるのでしょうか? この将来シナリオを知らないまま、中長期戦略をどうやって考えられるのでしょうか?

今回は参加費3000円の特別セミナー。会場代の実費相当のみ、個人でも気軽に参加できる形にしました。
「未来予測」には興味はあるけど未だよく分からない、導入を迷っているという方、この機会をぜひご活用ください。またお近くでご興味がある方がいらっしゃったら、ご案内いただけると嬉しいです。

●「中長期戦略」を考えるという仕事の大半は、「先を読む」ことです。世の中の変化が自らにとって“追い風”ならば、それをいかにうまく利用するかを考える。反対に、それが“逆風”ならば、そのリスクをいかにヘッジするかを考えることになる。未来を予測することは、中長期戦略を考える上で最も重要なプロセスです。

●どの業界を見渡しても、「今のまま続けていれば10年後も大丈夫」と言える企業がほとんどなくなっています。エレクトロニクスメーカー、自動車メーカー、電力・石油・ガス会社、放送局、広告代理店、新聞社、出版社…。「この先も安泰」と言い切れる企業はどれくらいあるでしょうか。これほど多くの業界が、同時多発的に将来が見えなくなったことがあったでしょうか。これはなぜか。【社会の構造的な変化が起こっている】からです。

● 「未来」のビジネスは、今ある業界の延長線上では見えないものが多い。そこで、視野を広げてさまざまな業界やビジネスを俯瞰することが大切になります。ビジネスが変われば、求められる人材や能力もまた変わる。ひいては、人々の価値観やライフスタイルまでもが大きく変わっていくことになります。これは「マーケティングの大前提が変わる」という意味です。さまざまなビジネス領域だけでなく、社会経済、テクノロジー、人々のライフスタイルや企業戦略の変化など、「世の中」全体を広く見ていくことが強く求められていきます。

※講演の録音・録画は禁止とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

講師

田中 栄(たなか さかえ)
株式会社アクアビット
代表取締役 チーフ・ビジネスプロデューサー
法人向けレポート「未来予測2018-2030」の著者
●プロフィール

未来予測2018-2030 レポート&デジタルサービス

発行:株式会社アクアビット 著者:田中 栄 価格:32万4000円。
経営者や戦略スタッフを読者として想定した法人向けのレポート。大手企業を中心にシリーズ累計で1,500社以上に導入実績があり、業種・業界を超えた将来シナリオとして幅広く使われている。2014年に発刊した『未来予測2015-2030』は、クラウドロニクス分野(エレクトロニクス・通信・ネットサービス)の主要企業のほとんどで導入されている。
このレポートの目的は、中長期戦略を立案する際に、その前提となる「将来の世界観」と「変化のシナリオ」を提示すること。10年先、15年先という長期レンジで、「世の中」がこれからどう変わっていくか。新しいビジネスを実践的に考えるために、リアルな世の中の流れを提示することを重視している。
●第1章を試読できます


#グローバル #イノベーション #ビジネストレンド #第4次革命 #第四次革命 #エレクトロニクス #自動車 #電気自動車 #EV #IoT #クラウド #AI #人工知能 #働き方改革 #ライフスタイル #テクノロジー #医療 #ゲノム #食料 #食糧 #物流 #金流 #商流 #経営